ツーリズムEXPOジャパン2017に行ってきた

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ツーリズムEXPOジャパンという旅行関連の展示会が2017年9月23〜24日に東京ビッグサイトで開催されました。
航空会社や各国の観光/旅行関係省庁などがブースを持ち、東1・2・3ホールが海外旅行関連、東4・5・6ホールでは日本国内の自治体等が展示を行ってました。

東京ビッグサイト

tokyo-bigsite

今回も前回同様で会場は東京都江東区の東京ビッグサイトで開催されました。
また、来年の開催もすでに発表されていて同会場で行われることが発表されています。

今回私は友人の車で会場まで行きましたが、来年の為にアクセス方法を記載しておきます。

電車でのアクセス

電車の場合、「ゆりかもめ」か「りんかい線」を使えます。

ゆりかもめの場合「国際展示場正門」で下車し、徒歩約3分です。
ゆりかもめへのアクセスは、山手線/京浜東北線/東京メトロ銀座線/都営浅草線などを利用し新橋駅で乗り換える(約20分)か、東京メトロ有楽町線から豊洲で乗り換え(約8分)て行くことができます。

りんかい線の場合「国際展示場」で下車、徒歩約7分です。
りんかい線は大崎〜新木場間を運行していますので、大崎であれば山手線/湘南新宿ライン/埼京線から乗車約13分、新木場で乗り換える場合は京葉線/東京メトロ有楽町線からの乗り換えで乗車約5分です。

バスでのアクセス

バスの場合は、東京駅/門前仲町/横浜駅東口からそれぞれバスが出ています。

都営バス
東京駅からは都05系統か東16系統で乗車約40分、門前仲町からは門19系統で乗車約30分です。

京急バス
横浜からのアクセスの場合、横浜そごう下から乗車約50分です。

空港からのアクセス

都内や近郊からの場合は電車/バスでアクセスしますが、そうでない場合や旅行先から直接/観覧後にそのまま旅行に行くなんて場合は空港からアクセスする必要がありますよね。
東京駅まで出てから上記方法でアクセスすることはできますが、リムジンバスが出ているのでリムジンバスを利用する方が断然便利です。

成田空港からは「東京ベイ有明ワシントンホテル」まで乗車約60分、そこから徒歩約3分でアクセスできます。
羽田空港からの場合、東京ビッグサイト直結で乗車約25分です。

チケット

tourismexpo-ticket

チケットは前売り券が大人1,100円/学生600円で販売していたのですがすっかり忘れ当日券(大人1,300円/学生700円)を購入する羽目に陥ったのですが、JCBでカード支払いで100円割引だったので、実際には1,200円で購入することができました。

会場の様子

まずは海外旅行関連のブースが集まる東1〜3ホールです。expo2017-map1公式サイトより

最初、東1ホール入り口(マップ右下)から入ろうとしたんですが、予想以上に人が多くて断念。

expo2017-enter

何も見るもののない通路をひた歩き東3ホール入り口(マップ左下)から入ります。こちらはそれほど人も多くなく展示を楽しむことができます。

expo2017-1

インドネシアのブース。
民族衣装に身を包み整列してます。スマホを向けると全員がこちらを見るのでちょっと怖いです(笑)

expo2017-1

USAブースの一角、ラスベガスブース。アメリカは州ごとに小さくブースを分けていて、行きたいエリアがある人なら目的のブースで情報を得るのが簡単になっています。

expo2017-3

来年にでもアンテロープキャニオンを見に行きたい私としてはラスベガスブースは興味津々です。

expo2017-4

ベトナムブースです。ベトナムも行って見たいですよね。ボケーっと歩いていたら現地民族衣装(アオザイですよね?)の方にパンフレットを渡されました。(なぜか英語で話しかけてくる)
全体でここだけでしたね、特にこちらから要求してないのに積極的に配っていたのは。

expo2017-5

航空会社のブースは来場者限定の運賃などもアピールしてたせいか、どの航空会社もとにかく人が多い。こちらはシンガポール航空。

expo2017-6

エアバスA380ですね。
乗って見たいです。格安でチケットが出てきたら飛びつくんですが。

expo2017-7

expo2017-8

格安トラベラーの味方、我らが香港エクスプレスです。ルーレットで香港行き航空券が当たる抽選を開催。ま、何かもらえるブースは例外なく大混雑/長蛇の列です。

expo2017-9

こちらも格安旅行の味方JEJUair(チェジュ航空)。ここは近づけないくらいの人だかりでした。幅広い年齢層の女性でごった返してます。未だ根強い韓国人気を感じさせます。

expo2017-10

日本を代表するANAはC3POジェットのモデルプレーンがありました。
ANAに限らず日系のブースは韓国系のブースに次いで混雑した印象です。

 

アフリカは各国のパネル展示が中心。

expo2017-11

バオバブで有名なマダガスカル。一生のうちに一度は見たい。

expo2017-12

expo2017-13

expo2017-14

ナミブ砂漠で有名なナミビア。ここも生涯で一度は訪れたい場所です。

expo2017-14

民芸品も展示されてました。ダチョウの卵?に装飾を彫ってあります。

expo2017-15

籐編みでしょうか?やや東南アジア感もありますが、これはアフリカです。

expo2017-15

OneWorldグループのアメリカン航空や、

expo2017-17

同じくワンワールド所属のJAL。
ワンワールドのブースは垂直翼をモチーフにしたブースで遠くからでも目立っていいですね。

expo2017-18

ジェットスターは新規就航路線をアピール。

来年の開催

すでに来年の開催も発表されています。

2018年9月20(木)〜23(日)、一般客は22(土)/23(日)
東京ビッグサイト

今年を逃してしまった方は来年もあります。

まとめ

韓国の人気の高さが印象的でした。やはり海外旅行先TOP3にコンスタントに入るだけのことはあります。
抽選で航空券が当たる催しも航空会社を中心に多く行われていて、運が良ければ無料航空券をGETできるかもしれません。私は残念ながら行列に並ぶ気力がありませんでした。

総じて旅行に行くテンションが上がるのは間違いありません。
本来なら現地に行かないと目にすることができないものが見れたり、知らなかった観光スポットを知るきっかけにもなりました。

「なんとなく旅行は行きたいけど、どこが良いかな」なんて漠然と思ってる人には良い刺激になると思います。来年も開催されますので、新たな観光スポット探し・無料航空券入手に挑戦など、関東近県からならわざわざ会場に足を運ぶ価値は充分にあります。
遠くにお住いの方も旅程に組み込めれば、羽田/成田からのアクセスもきっちり整備されていますので旅行ついでに行って見ることもできます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました