Jetstar(ジェットスター) 就航路線・手荷物・機内サービスを徹底解説

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Jetstar-top
カンタス航空の子会社として設立したジェットスターは傘下にジェットスター・アジア(シンガポール)、ジェットスター・パシフィック(ベトナム)、ジェットスター・ジャパン(日本)を抱える。規模ではアジア・パシフィックエリアではエアアジアと双璧をなす巨大LCCグループです。

Access Denied

この記事ではジェットスターの概要とエコノミークラスについて記述しています。
ジェットスターのビジネスクラスに関しては以下の記事に別途まとめましたので併せてご覧ください。

Jetstar B787-8 ビジネスクラス 徹底解説
ジェットスターの一部路線にボーイング787-8が使用される場合、この機材にはビジネスクラスが設置されます。 基本的には中長距離路線に採用される機材で、ビジネスクラスの座席数は21席です。 ジェットスターの概要及びエコノミークラスの...

特徴・機材

特徴

オーストラリアのLCCですがシンガポール・ベトナム・日本に傘下の航空会社を持っていることで国際線・国内線とも充実しています。日本では東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西を拠点空港とし、そこから札幌/ 新千歳・高松・松山・福岡・大分・熊本・鹿児島・沖縄/那覇を結びます。
国際線では、一部中国から東南アジア・オーストラリア・ニュージーランドまでを網羅しています。シドニー=ホノルル路線があるので、2017年6月のエアアジア関西=ホノルル線就航以前はLCCだけで世界一周する際の唯一の太平洋横断ルートでした。(ちなみに大西洋はノルウィジャン航空)

2016年度の国土交通省調べでは国内線シェアNo1で国内線だけで100便を運行しています。日本でLCCと言ったらジェットスターを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

モバイルアプリが用意されていて、航空券の予約・チェックインなどもできます。
JETSTAR利用時には便利になります。

ジェットスター

ジェットスター
無料
posted with アプリーチ

機材

他のLCCと同様エアバスA320系(A320・A321)の他にLCCではなかなか珍しいボーイング787-8が使われます。787-8はビジネスクラスを備え主にオーストラリア路線で使われます。

A320はLCC定番の30列180席仕様と、30列177席仕様があります。国内線では180席仕様が使われるようです。30列177席仕様は右側列が1列少なくなっていますが右後部にラバトリーが設置されているのでシートピッチが大きくなることはありません。

jetstar-seatmap-a320
ある日の予約画面でグレー(選択不可)になっている座席がいくつかありますが、最前列左側・12列目・13列目(紫色)が足元の広い座席、最前列左側を除く5列目(6列目は不明)までの緑色の座席が前方座席、それ以外の水色の座席が標準座席です。
30列180席仕様のA320ですから言うまでもなくシートピッチは29インチです。
他社LCCと違う点は、最前列右側は足元の広い座席ではない点です。

A321はA320の胴体延長仕様で220席になります。

jetstar-seatmap-a321

A320-200と比べて機体数が少ないのいでなかなか搭乗する機会はないのですが、非常口配置の関係で足元の広い座席が2座席減ります。シートピッチもA320と違いはありません。

LCCでは数少ないB787-8はビジネスクラスを備えた335席仕様で、ビジネスクラス21席・エコノミークラスが314席です。主に長距離路線で使われます。

jetstar-seatmap-b787-8

赤色の座席がビジネスクラス21席、ビジネスクラス直後の10列目から13列目と23〜27列目までが前方座席、44列目(中央3列除く)が足元の広い座席、それ以外が標準座席になります
左右非対称のなかなか個性的なシートマップでわかりにくいのですが、例えばANAの国内線仕様と定員数では同じですが最後部のブロックの列数は若干ジェットスターの方が狭いのは間違いありません。ただ、A320に比べるとワイドボディ機であるがゆえの空間の広さも相まってすし詰め感はそこまで感じないと思います。シートピッチはビジネスクラスが38インチ・エコノミークラスが30インチです。
さすがにオーストラリアまでの長時間をA320でってのは想像するのも辛いので、この選択肢があるのはありがたいことです。たった1インチでも意外と差を感じるものです。

就航路線

ジェットスターは巨大グループなので全就航路線を書き出すとあまりに膨大になってしまうので、日本発着に絞って書き出します。

国内線

         
東京/成田 1日4便   大阪/関西   1日4便 東京/成田
1日9便   札幌/新千歳   1日9便
1日7便   福岡   1日7便
1日5便   沖縄/那覇   1日6便
1日3便   大分   1日3便
1日3便   鹿児島   1日2便
1日3便   熊本   1日3便
1日4便   松山   1日4便
1日3便   高松   1日3便
大阪/関西 1日4便   東京/成田   1日4便 大阪/関西
1日3便   札幌/新千歳   1日3便
1日3便   福岡   1日2便
1日3便   沖縄/那覇   1日3便
名古屋/中部 1日2便   札幌/新千歳   1日3便 名古屋/中部
1日3便   福岡   1日2便
1日1便   沖縄/那覇   1日1便
1日2便   鹿児島   1日3便

国際線

     
東京/成田 月水金土日3便
火木2便
台北/桃園 月水金土日3便
火木2便
東京/成田
1日2便 香港 1日2便
1日1便 上海/浦東 1日1便
1日1便 マニラ 1日1便
1日1便 ケアンズ 1日1便
1日1便 ゴールドコースト 1日1便
大阪/関西 月火金土2便
水木日3便
台北/桃園 月火水金日2便
木土2便
大阪/関西
1日1便 香港 1日1便
1日1便 マニラ 1日1便
1日1便 ケアンズ 1日1便
名古屋/中部 火木土各1便 台北/桃園 水金日各1便 名古屋/中部
月水金日各1便 マニラ 月火木土各1便

こうしてみると国内線の充実ぶりはなかなかの物です。そして、オーストラリア各地に就航しているのはジェットスターらしい個性と言えます。乗継を駆使すればアジアパシフィック圏のかなりの都市に行くことができます。

料金体系

ジェットスターにはエコノミークラスで4種類・ビジネスクラス2種類の料金区分があります。

ビジネスクラスの詳細は以下の記事に別途まとめました。

Jetstar B787-8 ビジネスクラス 徹底解説
ジェットスターの一部路線にボーイング787-8が使用される場合、この機材にはビジネスクラスが設置されます。 基本的には中長距離路線に採用される機材で、ビジネスクラスの座席数は21席です。 ジェットスターの概要及びエコノミークラスの...

以下、エコノミークラスについて。

「Starter」運賃
一切のオプションを含まないベーシックな運賃です。
最安ですから、バックパックひとつで軽快に旅行する場合はこの運賃でいけますが、受託手荷物・座席指定等は全て有料になります。

「Starter Plus」運賃
「Starter」運賃にオプションセット「ちゃっかりMAX」を追加した運賃です。
「ちゃっかりMAX」は、受託手荷物20kg・スタンダードシート座席指定料金などおそらく多くの人に有用なオプションをセットにした運賃です。

「Starter Max」運賃
「Starter Plus」運賃にさらに受託手荷物の増量や指定可能座席の拡大、払い戻し対応などのオプションパック「しっかりMAX」を追加した運賃です。一部空港ではラウンジを利用できる場合もあり、LCCと言えども荷物は減らせない・フルサービスキャリアと変わらない搭乗体験をしたい場合に有効なオプションです。

「Starter FlexBiz」運賃
オプションセット「フレックスBiz」を追加した運賃で、名前の通り払い戻しやフライト変更など柔軟性を必要とする人向けの運賃です。

    Starter Starter Plus Starter Max Starter FlexBiz
荷物 機内持込手荷物 合計7kg 7kg+手回り品
受託手荷物 有料 20kg 30kg 有料
シート スタンダード 有料
アップフロント 有料
エクストラ・レッグルーム 有料 有料
  食事・飲み物/機内バウチャー 有料
  機内エンターテイメント 有料
  機内アメニティキット 有料
  フライト特典
(バウチャー/マイレージ)
× ×
  予約変更

要手数料

  払い戻し × ◯(要手数料) ◯(バウチャー)
  無料フライト変更(当日) ×
  ラウンジの利用 × ×
  優先搭乗 ×
  あんしんPlus/Max × 日本国内線のみ ×

使用機材や運行会社などでサービスの有無や内容に違いがあったりするので、自分の利用する航空会社や機材を把握する必要があります。以下に記述するチェックイン時間なども変化してしまうのでこれは非常に重要です。
また、「Starter Max」にはラウンジ利用ができるのですが一部空港に限られます。
そんな時はプライオリティパスをお勧めします。

PriorityPass(プライオリティパス) LCC利用時の強い味方 入手方法・利用シーン・費用をまとめました
空港で時間を持て余した経験はありませんか?空港ラウンジを利用して快適に時間を潰せる方法を紹介します。 出発遅延に陥りやすい台風シーズンやLCC利用時は特にありがちですよね。遅延発生時の空港ロビーは人でごった返し、レストランは満席、...

こちらの記事で国際線/国内線で利用できるプライオリティパスについてまとめました。ご一読ください。

チェックイン・手荷物

チェックイン

チェックイン受付時間

 国内線   (Q300型機) B787機
国際ターミナル発
ジェトスター
パシフィック便
受付開始 出発時刻2時間前 出発時刻90分前 出発時刻3時間前 出発時刻2時間前
受付終了 出発時刻30分前 出発時刻30分前 出発時刻50分前 出発時刻30分前
搭乗口 出発時刻25分前 出発時刻40分前 出発時刻25分前
搭乗締切 出発時刻15分前 出発時刻15分前

 

国際線 A320・321(JQ/GK) B787(JQ) 3K/BL
受付開始 出発時刻3時間前 出発時刻2時間前
受付終了 出発時刻45分前 出発時刻60分前 出発時刻45分前
搭乗口 出発時刻40分前 出発時刻40分前
搭乗締切 出発時刻15分前

機材や運行会社によって開始/締切時刻が異なるので自分がどの機材に搭乗するのか・運行会社は何なのかを事前に把握しておかなければいけません。

 

チェックイン方法

チェックイン方法は、国内線はオンラインチェックイン・自動チェックイン機・空港カウンター・アプリによるチェックインの4種類、国際線はオンラインチェックイン・自動チェックイン機・空港カウンターの3種類の方法があります。

オンラインチェックイン
プリンターが必要という条件がありますが、自宅やオフィスでHPよりチェックインできます。PC上で手続きを進めると完了画面に搭乗券が表示されるのでプリントして空港に持参します。
オンラインチェックインのメリットは、預入手荷物がない場合に直接保安検査に向かえることです。カウンターの行列に並ぶ必要はありません。

オンラインチェックイン可能な要件は、往路便出発日から復路便出発までの日数が7日以内の往復便の利用に限ります。
オンラインチェックインはジェットスター・アジア(3K)国際線は出発予定時刻48時間前から2時間前まで、日本/ベトナムの国内線は出発予定時刻48時間前から1時間前まで、オーストラリア/ニュージーランドの国内線は出発予定28日前から1時間前までにチェックインが可能です。

オンラインチェックイン利用条件

  • 子供・特別介助が必要ではない
  • 代金の支払いが完了している
  • ジェットスター(JQ)、ジェットスター・ジャパン(GK)、ジェットスター・パシフィック(BL)の国際線でない
  • 非常口座席を指定していない
  • グループ予約ではない

アプリによるチェックイン

ジェットスター

ジェットスター
無料
posted with アプリーチ
また、アプリの使い方も公式サイトにありますので、利用予定がある方は目を通しておくことをオススメします。

機内持込手荷物

機内に持ち込める手荷物のサイズは56×36×23cmで重量は7kgまで(エコノミークラス)で1点と身の回り品(ハンドバッグ・PCバッグ等)です。
近年、サイズ要件が緩和される傾向にあって一般的な機内持ち込み可サイズのスーツケースを持ち込めるようになりつつありますが、ジェットスターに関してはLCCらしい寸法制限ですので、機内持ち込み可のスーツケースが利用できません。
カウンターでチェックイン時に重量オーバーだと預入手荷物になってしまい事前予約時より割高な受託手荷物料金を取られますので、自分の荷物の重量をしっかり把握しておく必要があります。

預入手荷物

エコノミークラスの受託手荷物は最大で40kgまでですが、一個あたりは32kgを超えてはいけません。個数制限はないので重くなる場合は複数に分けて32kg以内に収める必要があります。

「Starter」 15〜40kgまで5kg単位で便ごとに選択 全て有料
「Starter Plus」 20kg(日本国内線は10kg)まで無料 以降40kgまで5kg単位で追加可能
「Starter Max」 30kgまで無料 さらに10kg追加可能
「Starter FlexBiz」 15〜40kgまで5kg単位で便ごとに選択 全て有料

受託手荷物の料金は、予約時に同時申し込みが最も安く、コールセンターや当日空港で申し込んだ場合は割高になりますので、旅行に持っていく荷物があらかじめ分かっているなら航空券購入と同時に受託手荷物を申し込んでおくことをオススメします。

機内サービス

座席関係

ジェットスターには30列180席仕様のA320と37列220席仕様のA321、それにビジネス21席/エコノミー314席のB787-8があります。

料金体系の項で説明しましたが、「Starter Max」では全てのエコノミークラスの、「Starter BizFlex」ではスタンダードシートとアップフロントシートの、「Starter Plus」ではスタンダードシートの座席指定料金がそれぞれ含まれます。

A320
LCCスタンダードとも言えるA320は基本シートピッチ29インチのスタンダードシートと2〜5列目と1列目右側はアップフロントシート、1列目左側と12/13列目のエクストラレッグルームシートがあります。
ジェットスター・ジャパン(GK)運行のA320は11/12列目はリクライニングしません。

A321
こちらは1列目左右共と11列目(11列目には窓側席はありません)と12列目窓側席、そして25列目がエクストラレッグルームシートになります。2〜5列目がアップフロントシート、それ以外がスタンダードシートになります。

B787-8
ちょっとややこしいのでシートマップを再掲します。
jetstar-seatmap-b787-8
列番号が飛んでいてややこしいので整理しますと、最前列から3列あるブロック(赤い部分)が1〜3列目、次のブロックは10〜13列目(ブロック後方にラバトリー/ギャレーが設置されるので中央列は13列目が、右側列は12/13列目はありません)、続く機体中央部の20列あるブロックは23列目〜42列目(中央列は41列目まで)、最後部のブロックが44列目〜57列目(54/55列目は2-3-2配列、56/57列目は中央列のみ)になります。

前方の2-3-2配列のビジネスクラスを除いて説明すると、エクストラレッグルームシートは23/44列目、10〜27列目がアップフロントシートです。
注意すべき座席は中央列ブロック41列目と56列目、窓側ブロック42列目と55列目はリクライニングに制限がありますので、他全て満席とか特に意図がなければあえて選択するべきではありません。

 

 

機内食関係

「Starter」運賃以外のオプションパック付き運賃を選択した場合、フライトによって機内バウチャーか機内食が含まれています。
オプションの追加が搭乗24時間以内の場合は食事の用意ができないため、食事の代わりに機内バウチャーが提供されます。

  ちゃっかりPlus しっかりMax フレックスBiz
JQオーストラリア国内線 機内バウチャー
(10/15AUD分)
X
JQ(A320)ニュージーランド国内線 軽食とコーヒー/お茶 機内バウチャー
10NZD分
JQ(Q300)ニュージーランド国内線 スナック・ミネラルウォーター X
JQ短距離国際線(トランス・タスマン含) 軽食とコーヒー/お茶 X
JQ長距離国際線 温かい食事とお茶/コーヒー/ミネラルウォーター
3K国際線 軽食とお茶/コーヒー/ミネラルウォーターまたはスナックとミネラルウォーター X
GK日本国内線 お茶/コーヒー 機内バウチャー
500円分
X
GK国際線 温かい食事(要予約) X
BL国内線・国際線 X X

JQ=ジェットスター航空・3K=ジェットスター・アジア航空・GK=ジェットスター・ジャパン・BL=ジェットスター・パシフィック航空

マイル/ポイントサービス

 

マイレージプログラムはありませんが、一部運賃で搭乗の際に限り以下の航空会社のマイレージプログラムにフライトマイルを加算することができます。

カンタス航空 カンタスポイント
エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
日本航空 JALマイレージバンク
ベトナム航空 ロータスマイル

セール情報

直近に開催されたセール(過去3回のセール記事のリンクを掲載します)

Jetstar(ジェットスター)スーパースターセール ~2017/12/18
Jetstar(ジェットスター)のセールが始まります。 国内線・国際線共にセール設定されています。 最安は国内線は大阪/関西=東京/成田・福岡が3,590円〜、国際線では東京/成田=上海/浦東・名古屋/中部=台北/桃園・大阪/関西=...
Jetstar(ジェットスター)スーパースターセール 2017/12/1~12/4
Jetstar(ジェットスター)の国内線のセールが始まります。 最安の便は東京/成田=大阪/関西と大阪/関西=福岡が3,590円〜です。 その他全国多数の便がセール対象になっています。 セール期間 今回のセールの販売期間は201...
Jetstar(ジェットスター)スーパースターセール 2017/11/23~11/28
Jetstar(ジェットスター)のセールが始まります。 もっとも安い路線は大阪/関西=ハノイ・ダナンで2,990円〜、ジェットスターらしい路線のオーストラリア線も20,000円前後と魅力的なセールです。 セール期間 今回のセール...

当ブログにてセール情報を可能な限り随時お知らせしていきます。またtwitterでも情報を流していく予定ですので興味のある方はフォローしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました